featureBanner

【5月の野菜はじゃがいも】南米チリ風じゃがいもと ひき肉のもぐもぐスープ

シェアする

南米チリ風じゃがいもと ひき肉のもぐもぐスープ

じゃがいもはカリウム豊富で身体の調子を整えたり、でんぷんで包み込まれており煮込んでもビタミンCの損失も抑えられるので(皮付きも相乗効果)、疲労回復も期待でき、消化も良いので塾前後ごはんやお夜食にもぴったりです!きちんと食べてLet’s 育脳!

【 材 料 】

・豚ひき肉……250g

・新じゃがいも……4個(400g)

・新にんじん……2本(200g)

・スナップえんどう……12本(100g)

・新たまねぎ大……1個(300g)

・ホールコーン……1缶(120g)

・オリーブ油……大1

・にんにくみじんぎり……1片分

・塩大さじ……1/2

・水……600ml

・ごはん……100g

・ローリエ……1枚(ちぎって切り込み入れる)

・乾燥オレガノ……大さじ1(なければパセリでもOK)

・コリアンダーまたはパセリ……みじん切りお好み

 (先月のトマトサルサを添える)

【作り方】

① じゃがいもとにんじんは皮付きのまま、野菜は全て1cm角に切る

② 鍋にオリーブ油とにんにくを熱し香りが立ったら、豚ひき肉を炒め、パラパラになったら玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを加えてさらに炒める

③ 全体に油が回ったら、水、ホールコーン、ごはん、乾燥オレガノ、塩、ローリエを加えて蓋をし中火で10分煮る

④ スナップえんどうを加えてさらに5分煮込む

⑤ 器に盛り付け、コリアンダーやパセリを散らし、トマトサルサを添える

*トマトサルサを混ぜながらお召し上がりになるのがおススメ

*コーンは生の時は芯も一緒に煮込むとよい

*本場は牛肉ですがビタミンB1の疲労回復効果を期待して豚肉使用

【レシピ提供者】

5月の野菜は【じゃがいも】

新じゃがは身が固く、コロッケやポテトサラダには不向きですが、北あかりはでんぷん質が多いので、身が柔らかく、コロッケやポテトサラダにも使えます。茅ヶ崎の土壌に合っているのか、男爵よりも身がサラサラして何にも使えます。

今回の新じゃが・北あかりの生産者は、茅ヶ崎市香川の熊沢一天さんです。

▼その他の月のレシピを見る

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市 

問い合わせ

フードディレクター・栄養士 金丸 知奈

メールアドレス

china@canamar.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-23

関連タグ

同じ特集の記事