三浦市上宮田在住・長島文夫さんが三浦海岸シリーズ14・書籍出版「後世に伝える上宮田の記録」

シェアする

上宮田を中心とした地域の出来事をまとめている長島文夫さん(87歳・上宮田在住)が6月5日、「三浦海岸シリーズ14 上宮田のもろもろの記録」(A5判/105頁)=写真=を上梓した。

 調査で集めた資料や地元住民からの聞き取った情報を繋ぎ、年表や数値、昔に話していた言葉などを記録として盛り込みながら、郷土の歩みを後世に伝えている。

郷土史は学問でなく記録

 事務員として働いていた長島さんは40代後半で心臓病を患い、会社を退職。仕事一筋だった生活から一変したことで、「見慣れたはずの街の景色も違って見えた」という。「上宮田をもっと知りたい」。そんな気持ちが徐々に芽生え始め、リハビリを兼ねて地域の歴史を調べ出したのは35年以上前のこと。「少しでも歴史の足跡を残せたら」と執筆活動も行い、知人の勧めで「三浦海岸シリーズ」と銘打った書籍を1991年に出版。以降、「名字にみる郷土史」「南下浦地域の学校沿革」「みうらご当地ソング目録」など様々な視点から上宮田の変遷を紐解いてきた。「郷土史は学問のように知識ではなく、いかに有益な情報を拾えたかという記録。生きている間は残し続けたい」。長島さんは感慨深げに自著のページを捲る。

 150部発行。小中学校や三浦図書館といった市内の公共施設に寄贈した。1700円(税込)で販売中。購入方法などは、長島さん【電話】046・888・3649

住所

神奈川県三浦市

費用

1700円(税込)

問い合わせ

長島さん

電話

046-888-3649

046-888-3649

公開日:2022-06-20

関連タグ