工場直送ビールを「缶」で楽しむ!横浜ビールが新ブランド「缶生ビール」6月20日に発売

シェアする
新ブランドの「缶生ビール」。缶を強調した銀色のラベルは成分表示をメインに、シンプルで洗練されたデザイン

 樽生から缶生へ-。クラフトビールメーカーの(株)横浜ビールでは、無濾過非加熱で工場直送ビールを楽しめる新ブランド「缶生ビール」を6月20日に発売する。

新たな飲み方提案

 クラフトビール業界では数年前から品質面などのメリットから缶ビールでの販売が急増しているが、飲食店では今もグラス提供や瓶から注ぎ合うのが主流だという。「ビールを缶のまま提供することをポジティブに 捉えてもらえるよう、美味しさやデザインにこだわって商品開発をした」と広報の横内勇人さん。

 同社ではこの新ブランドを通して、サーバーが置けない小規模飲食店や自宅でもタップから注いだような工場直送ビールを気軽に楽しめる「缶生スタイル」を提案し、クラフトビールの裾野を広げたいと考えている。

1500本限定

 第1弾の『缶生DEEP LOCAL-session IPA-』は、飲食店らのアンケートやSNSの一般投票でビアスタイルを決定。ホップの香りを最大限に活かすドライホッピングを行い、通常数種類のホップを使用する所を「上品で白ワインのような香り」といわれるネルソンソーヴィン1種類のみを使用。実家がワイナリーだという深田優醸造長ならではの着想だ。ラベルデザインは、14product=中区尾上町=の代表・木村薫さんが手がけた。

 税込680円、1500本限定。6月20日から順次出荷され、百貨店などの取り扱い店舗に届き次第販売。通販サイト(抽選)のほか、20日16時以降横浜ビール直営店1階でも販売を行う。

住所

神奈川県横浜市

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-06-17

関連タグ