中丸小で防災・七夕まつり 約700人が参加

シェアする
消防車が展示される様子=提供

 片倉地区連合自治会(下地慧子会長)と片倉地区社会福祉協議会(同会長)は6月26日、「防災・七夕まつり」を中丸小学校で開催した。

 この行事は片倉地区での恒例イベントで、七夕の短冊や笹への飾りつけのほか、片倉消防出張所・片倉地区消防団による消防車両の展示をはじめとした子ども向けの催しが数多く並ぶ。

 当日は晴天で気温も高い炎天下の中、子どもや保護者ら約700人が参加。消火器の噴射体験やボッチャ、バルーンアートには長蛇の列ができ、グラウンドゴルフやストラックアウトなども好評だったという。

 下地会長は「今回のように小学校で地域活動を開催することで、未就学児の保護者や町の様子が知りたい人などに地域の雰囲気を知ってもらうとともに、地域の連携を通して片倉で生活することへの安心感を持ってもらえたら」と話した。

神奈川区「支え愛プラン」のページへ

住所

神奈川県横浜市神奈川区

公開日:2022-07-14

関連タグ