六角橋商店街 おやつで育む地域愛 特別レシピを園児に提供

シェアする
口周りを粉で白くしながら、笑顔でパンを食べる園児たち

 六角橋商店街の2店舗が、大谷学園幼稚園=港北区=の預かり保育の園児向けに考えた特別レシピのおやつを製造している。自分たちの食べているものが身近な地域の店舗であることを園児たちに知ってもらうことで、地域愛を醸成することが狙いだ。6月28日には、「焼きたて工房る・ぱん」のさつまいもパンが同園で提供された。

 同園では、4月に大谷千英子園長が着任。「子どもたちが地域の魅力を知って、好きになってもらえるよう、地元の素敵な商店街と何か一緒にできないか」と大谷園長が考え、同商店街連合会の石原孝一会長に相談。商店街の各店舗に呼びかけたところ、同店と洋菓子店の2店舗がおやつを提供する形での協力を快諾したという。

 る・ぱんが6月28日に提供したさつまいもパンは、園児のおやつということを踏まえ、通常の4分の1のサイズに。アレルギー食材も使用しないなど、特別なレシピで作られた。おやつとなるパンは、大谷園長自らが同店まで受け取りに行き、教室で待つ園児たちに届けた。「おいしい」「る・ぱんのパンが世界一だ」と園児らは笑顔で味わっていた。

 同店の松本裕幸店長は「子どもたちの役に立てればと協力させてもらった。その後、店舗に来てくれた親子もいて嬉しかった」と笑顔。大谷園長は「園児のために特別に用意してくれて感謝しかない。今後も知育とともに、生まれ育った地域に愛着を持ってもらうための”地育”にも注力していきたい」と話した。

神奈川区「支え愛プラン」のページへ

住所

神奈川県横浜市神奈川区

公開日:2022-07-14

関連タグ