鷺沼を安全な街に 住民45人がパトロール【2022年9月2日号】

シェアする

 鷺沼町会(持田和夫会長)が8月27日に、防犯パトロールを行った。防犯部が主導して毎年この時期に継続。2年間はコロナの影響で中止となっており、今回が3年ぶりの実施となった。

 町会の関係者ら45人が参加。地図を片手に鷺沼1、2、3、4丁目エリアの4班に分かれて街を練り歩いた=写真。参加者は、犯罪や事故が発生しやすい危険な場所などをチェック。パトロールの結果「交通標識が曲がっている」「公園内の草が生い茂り外から見えにくい」といった報告が挙がった。

 持田会長は「地域一丸となったパトロールをすることで、犯罪者に対する大きな抑止力となるはず。『安全で安心して暮らせる街』のために、今後も継続していきたい」と思いを話した。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市宮前区

公開日:2022-09-02

関連タグ

同じ特集の記事