<健診・ドック>子宮頚がんは予防と早期発見を!ワクチン接種、検診「ためらわずに」【ライフメディカル健診プラザ】

シェアする
<健診・ドック>子宮頚がんは予防と早期発見を!ワクチン接種、検診「ためらわずに」【ライフメディカル健診プラザ】

子宮の下部(頚部)に発生する「子宮頚がん」は国内では毎年約1万1千人が罹患し、約3千人が亡くなっている。近年は20から30 代の若い世代で増加傾向にあるという。婦人科の武居麻紀医師によると、「子宮頚がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染といわれており、ワクチンの接種での予防と子宮頚がん検診での早期発見を組み合わせれば、治療で苦しむことや命を落とすことを限りなくゼロに近づけることができる」と力を込める。

子宮頚がんワクチンは2022年度より定期接種として積極的接種勧奨が再開された。公費助成対象となるのは接種期間中に小学6年生から高校1年生相当の女性だ。ただし、接種勧奨が差し控えられていた2013年以降に対象年齢だった女性で接種機会を逃した人も2024年度までであれば、「キャッチアップ接種」が認められている。武居医師は、「1997年4月2日から2006年4月1日生まれの女性が対象です。気になる方はぜひご相談ください」と呼び掛ける。

同プラザでも藤沢市在住の女性に対して定期接種とキャッチアップ接種に対応している。

検診呼びかけ「ためらわないで」

子宮頚がんは進行するまで症状がほとんどないため、早期発見には「がん検診」を受けることが重要となる。検査自体は痛みも少なく、短時間で済むが、「内診の検査であるため受診をためらう方が多いのが実情」と武居医師は懸念する。「そのような不安を少しでも軽くしたいと私どものウィメンズセンターでは女性専用のフロアで女性スタッフによる検診を行っております」とも。ワクチンによる予防と、検診による早期発見・治療は命を守る両輪だ。また、同プラザでは、乳がん検診(マンモグラフィ・乳腺超音波検査)も女性スタッフが対応。「地域の皆さんのために今後も、訪れやすい環境づくりを進めていきたい」と話す。

住所

神奈川県藤沢市下土棚467-10 ライフメディカル健診プラザ

電話

0570-099-200

0570-099-200

電話受付時間
平日:8時30分~17時
土曜:8時30分~12時

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2023-01-01

関連タグ