平塚市ゆかりの画家/造形作家・平野杏子展-生きるために描きつづけて@平塚市美術館

シェアする
平塚市ゆかりの画家/造形作家・平野杏子展-生きるために描きつづけて@平塚市美術館
『菩提樹の下のある日』1970年、平塚市美術館

 平塚市在住の画家・造形作家である平野杏子さんの作品展「平野杏子展―生きるために描きつづけて」が6月9日(日)まで平塚市美術館で開催されている。テーマは原初的な風土や歴史。

 1930年生まれの平野さんは54年から平塚市で過ごし、出縄にアトリエを構える。女性作家が稀だった時期に結婚・育児と制作の両立などの課題に向き合いながら画業を切り開き、数多くの美術展で高い評価を受けた。会場では平野さんの代表作や初公開の作品など約60点が展示されている。

 午前9時30分〜午後5時(入場は4時30分まで)、月曜休館。入館料は一般800円、高大生500円、中学生以下無料。(問)同館【電話】0463・35・2111

開催日

2024年4月6日(土)~2024年6月9日(日)

住所

神奈川県平塚市西八幡1丁目3−3 平塚市美術館1F 

問い合わせ

平塚市美術館

電話

0463-35-2111

0463-35-2111

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2024-04-18

関連タグ