川崎市中原区在住の山本芙佐子さんが自宅で「きものリメイク展」【5月26日】パレスチナ・ガザ地区を支援

シェアする
川崎市中原区在住の山本芙佐子さんが自宅で「きものリメイク展」【5月26日】パレスチナ・ガザ地区を支援
リメイクした洋服を持つ山本さん

 平間で子ども食堂を開く山本芙佐子さんがガザ地区(パレスチナ)を支援するため5月26日(日)、自宅(上平間346の3)の中庭で「きものリメイク展」を開く。午前10時から午後5時まで。

オリジナルの洋服や小物

 劇団で衣装係をしていた山本さんと友人らが、着物をほどいてリメイクしたオリジナルの洋服約70〜80点とバッグやアクセサリーなどの小物を出展。赤やピンクなどの明るめの色が多く、日常で着られるデザインが特徴だという。山本さんは「自分にできることは何かを考えて企画した。着物が洋服として再利用され、さらに支援につながればうれしい」と思いを話した。柄を生かした一点物で、中高年の女性向けのゆったりしたサイズ展開。「絹や麻の素材なので、体になじみ、涼しく着ることができる」と山本さん。売り上げは経費を除き、支援金として寄付する。

 (問)【電話】044・533・7470

開催日

2024年5月26日(日)
午前10時~午後5時

住所

神奈川県川崎市中原区上平間346-3

問い合わせ

山本芙佐子さん

電話

044-533-7470

044-533-7470

公開日:2024-05-11

関連タグ