桜64品種咲き競う1.6㎞の「相模が丘仲よし小道」二度咲きの桜・アーコレードも(座間市)

桜64品種咲き競う1.6㎞の「相模が丘仲よし小道」二度咲きの桜・アーコレードも(座間市)

2018年3月24日撮影

「さくら百華の道」の愛称で親しまれている、全長1.6kmの緑道「相模が丘仲よし小道」(座間市)では、64品種多彩のサクラが2月下旬から5月上旬まで、順次バトンタッチされるように咲き競います。大漁桜や椿寒桜といった早咲き桜にはじまり、春と秋に咲く桜「アーコレード」などが楽しめます。

桜64品種咲き競う1.6㎞の「相模が丘仲よし小道」二度咲きの桜・アーコレードも(座間市)

桜を愛でながら春散歩

車が通らない、バリアフリーの小道なのでゆったり散歩ができます。水飲み場やトイレも設置されているので安心です。

選び抜かれた64品種

桜64品種咲き競う1.6㎞の「相模が丘仲よし小道」二度咲きの桜・アーコレードも(座間市)

桜と青空の美しいコントラスト

さくら百華の道で楽しめる64種類のサクラは、現在知られているものの中から丈夫に育ち花がきれいで特徴のあるものが選別され、植栽されています。同じように見える花でもそれぞれ個性豊かな表情があり来歴もさまざま。

古くから受け継がれてきた桜や、海外のサクラ愛好家が作り出したサクラまでもが存在します。現在では、220本のサクラが楽しめるようになりました。

桜64品種咲き競う1.6㎞の「相模が丘仲よし小道」二度咲きの桜・アーコレードも(座間市)

小道の移ろいを見守り続けるソメイヨシノ(左奥)2018年3月24日撮影

サクラを鑑賞しよう「樹形・花形・色」

サクラの樹形は、「傘状、盃状、広卵状、箒状、枝垂れ」と大きく5つに分類されます。

サクラの花形は花びらの数によって分けられます。一重咲き(花弁5枚)、半八重咲き(花弁6~15枚)、八重咲き(花弁20~70枚)、菊咲き(花弁100枚)、一重・八重咲き(一重咲きと八重咲きの混在)。

桜64品種咲き競う1.6㎞の「相模が丘仲よし小道」二度咲きの桜・アーコレードも(座間市)

相模が丘仲良し小道の歴史がわかるパネルも

花の色は、染井吉野のような淡紅色や白色、濃紅色、黄緑色など色彩豊かです。開花から散るまでに変色するものもあります。一見同じように見えてしまうサクラですが、ちょっとだけ意識して観察してみると、今までとは違うサクラに出合えるかもしれません。

春陽に、ゆっくり、のんびりとサクラ散歩してみませんか?

住所

神奈川県座間市相模が丘3-35-21

「小田急相模原駅」より徒歩10分

問い合わせ

NPO法人さくら百華の道(さくら亭)

電話

042-746-7610

042-746-7610

注目