小田原を愛した画家・井上三綱の生誕120年記念展覧会@飛鳥画廊

このイベントは開催・申込を終了しました

小田原を愛した画家・井上三綱の生誕120年記念展覧会@飛鳥画廊

小田原市ゆかりの画家・井上三綱の生誕120年を記念した展覧会が4月25日(水)から30日(月・祝) まで飛鳥画廊(小田原市栄町2の13の12)で開催されます。午前10時から午後6時。最終日は午後4時まで。入場無料。

井上三綱は1899年福岡県に生まれ、1926年教諭として酒匂尋常高等小学校(現・小田原市立酒匂小学校)に赴任。16歳の頃から絵を学び、制作を続けていた三綱は、小田原の芸術家らと相州美術会を設立しました。

その後、52歳で小田原市入生田の長興山にアトリエを構え、1981年に82歳で生涯を終えるまで市内を中心に活躍しました。

今回の展示作品は、個人所有の絵画や市に寄贈されたものなど約30点。『馬』や『ドンキホーテ』『桃』など東洋美と西洋美の融合作品を観ることができます。

開催日

2018年4月25日(水)~2018年4月30日(月)

午前10時から午後6時まで
30日(月)のみ午後4時まで

住所

神奈川県小田原市栄町2-13-12

飛鳥画廊

費用

無料

問い合わせ

飛鳥画廊

電話

0465-24-2411

0465-24-2411

人気記事

注目