オシャレな朝食にテンションあがる!【フジサワホテル エン宿泊体験記】

シェアする

2018年7月17日にグランドオープンしたばかりのFUJISAWA HOTEL EN(フジサワ ホテル エン)。今回は宿泊体験記と朝食レポをお届けします!

編集室から泊まらせていただいたのは20代女子2人。仕事帰りにレッツゴー!

宿泊したのは「Japanese Modern Semi-Double(ジャパニーズ モダン セミダブル)」のお部屋。鎌倉の洋館に招かれたような、落ち着いた雰囲気がステキです。

客室内には明治時代の江ノ電の写真が飾られている部屋も

アメニティもひととおりそろっていて、部屋着はひざ下まであるワンピースタイプ。お茶セット(電気ケトル)や冷蔵庫もあるので、部屋飲みするにもいい感じ。まずは徒歩5分ぐらいのコンビニに買い出しに!

ちょっと笑えるWifiパスワード

いまどきのホテルライフでは必須のフリーWifiもストレスなし!たまたまかもしれませんが、パスワードが面白い(笑)。USBプラグも完備されているので、充電器を忘れてしまったときや複数の機器を充電したいときにもうれしいですね。

気になる寝心地は?

ホテルのウリのひとつ、英国スランバーランド社製のベッドの寝心地は?東京や横浜のホテルで女子会経験ありのT記者は「寝心地サイコー!2人で夜、テレビ見てたんですけど、気がついたら寝落ちしていたほど…。次の日の朝も、気持ちよすぎて寝坊しちゃいました(笑)」。場所が変わると周りの音が気になって寝られない記者にはうらやましい限り。

で、防音や周囲の音はどうだった?「隣同士の部屋だったんですが、隣のテレビの音も聞こえなかったし、ドアの開閉音、足音とかも気にならなかったですよー」。よく寝れる。これ、ホテルの決め手になる大きなポイントですよね。

サラダ&スープの朝食に癒される

寝られるか、とともに大事なのが「ホテルの朝食」。

宿泊した2人が声をそろえていうのが「とにかく朝食がよかった!」。「知らない野菜?やお花があったり、ドレッシングの種類もいっぱいあってテンションあがりました」と鎌倉在住のH記者。

湘南地域の地産地消を心掛けているというこの日のサラダは「おかひじきと豆腐のサラダ」「しらすと水菜のサラダ」「彩り野菜とピーナッツのサラダ~ミントの香り~」の3種。ドレッシングは「タヒニ(白ごまペースト)レモンドレッシング」「キウイと粒マスタードのドレッシング」「ベジタブルドレッシング」と何ともオシャレ!

スープは「彩り野菜のベジタリアンスープ」「お豆と野菜のミネストローネ」「厳選かぼちゃのスープ 蜂蜜とシナモンの風味」。朝から野菜たっぷり、なんて贅沢!

飲み物もコーヒー、紅茶だけでなく、写真にあるようなフレーバーウォーターやヨーグルトドリンク、ルイボスティーと充実した品ぞろえ。

ホテルのオリジナルカレーはフルーツの甘みとともに辛さも楽しめる。もち麦と白米のご飯なのものうれしい

普段朝食をほとんど食べないT記者も、ジャンク好きなH記者も、「美と健康」テーマにした朝食にすっかり魅了されたようでした。

※フジサワ ホテル エンの内覧会レポはこちら

住所

神奈川県藤沢市FUJISAWA HOTEL EN

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2018-08-01

関連タグ