道路標識にLED使用CO2半減『低CO2川崎ブランド』2018年度大賞に信号器材(株)

道路標識にLED使用CO2半減『低CO2川崎ブランド』2018年度大賞に信号器材(株)

信号器材株式会社

地球温暖化対策の一環としてCO2削減につながる川崎発の製品・技術などを認定する「低CO2川崎ブランド」。その2018年度の大賞に、信号器材㈱のLED内照式道路標識が選ばれました。他に2018年度の認定を受けた8件は以下の通りです。

道路標識にLED使用CO2半減『低CO2川崎ブランド』2018年度大賞に信号器材(株)

この認定発表会が、2月7日㈭にカルッツかわさき(川崎区富士見)で開かれる「第11回川崎国際環境技術展」内で行われます。午後2時から、イノベーション展会場で。

「LED内照式道路標識」とは?

道路標識にLED使用CO2半減『低CO2川崎ブランド』2018年度大賞に信号器材(株)

大賞を受賞した「LED内照式道路標識」

この標識は、光源を従来の蛍光灯からLEDに変えることで消費電力を抑え、CO2排出量を約53%削減。また明暗比を改善し視認性を高めたことで、交通事故防止など安全性の向上にも期待されています。同社開発部の江口次長は「視認性向上と省エネの両立を実現できた。今後も『安全を通じて社会に貢献する』を理念に、新たな安全安心社会の実現を目指したい」と話しています。

『低CO2川崎ブランド』事業とは?

この事業は、川崎市、川崎商工会議所、市産業振興財団などで構成する低CO2川崎ブランド等推進協議会が実施し、今年度で10年目を迎えます。一昨年には、地球温暖化防止に顕著な功績があった取り組みとして、環境大臣表彰を受賞。これまでに認定されたのは、18年度の9件を含め85件となりました。

次年度の募集も5月にスタート

5月には次年度の「低CO2川崎ブランド’19」の募集を開始します。市担当者は「地球温暖化対策に誇れる製品や技術をぜひPRして」と話しています。

開催日

2月7日(木)第11回川崎国際環境技術展で認定発表会

住所

神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-4 カルッツかわさき

問い合わせ

川崎市環境局地球環境推進室

電話

044-200-3872

044-200-3872

次年度の「低CO2川崎ブランド'19」の申込・問合せ

関連記事

人気記事