にいはる里山交流センターで「おひなさまとつるし雛」展示~3月12日まで

シェアする

このイベントは終了しました。

にいはる里山交流センター内の旧奥津邸長屋門で雛飾りの展示が行われている=写真。3月12日(火)まで。毎年恒例となった展示には、七段飾りのほか、七宝鞠や人形などの吊るし雛が色鮮やかに飾られている。

雛飾りは、同センターで活動するボランティア団体「布クラフト部会(山内ユミ子代表)」のメンバーが作成した。メンバーは、主に地域の主婦たちが中心だ。毎週水曜日に定期的に活動を行っているという。同会のメンバーは、日本三大つるし飾りの「傘福(山形県酒田市)」、「雛のつるし飾り(静岡県東伊豆町稲取)」、「さげもん(福岡県柳川市)」を参考にしながら、2009年頃から作成を開始した。山内さんは「日本の伝統文化でもある雛飾り。ぜひ、多くの人に気軽に見に来てほしい」と来場を呼びかけている。

来場者のひとりは「とても綺麗な飾りに目を奪われた。素敵な写真も撮ることができて満足だ。来年も来たい」と笑顔だった。

同センターの開館時間は、午前9時から午後5時(入園は午後4時30分)まで。入場無料。25日(月)は休園日となっている。問い合わせは、同センター【電話】045・931・4947へ。

開催日

2019年1月17日(木)~2019年3月12日(火)
2月25日(月)は休園日

住所

神奈川県横浜市にいはる里山交流センター

公開日:2019-02-19

関連タグ