改元の日 祈り捧げる「八千枚大護摩供」第2回「福の市」同時開催@葉山町長運寺

改元の日 祈り捧げる「八千枚大護摩供」第2回「福の市」同時開催@葉山町長運寺

護摩木を炎にくべる遠藤住職

 葉山町にある長運寺(長柄615、遠藤陽仁住職=人物風土記で紹介)が5月1日(水)、改元にあわせて「八千枚大護摩供」を行う。午前8時から午後4時頃まで。

 これは、同寺本尊である不動明王の真言を唱えながら、約8時間かけて8千枚の護摩木を焼き、所願成就を祈願する真言密教の難行。

 「御用邸ゆかりの町にある寺として、真言宗の僧侶としてできることを探していた」という遠藤住職。「この機会に地域の皆さんが、新しい時代へ思いを馳せたり、護摩の迫力を感じていただければ」と話している。現在、護摩木の奉納(3千円〜)も受け付けている。

「福の市」も同時開催

改元の日 祈り捧げる「八千枚大護摩供」第2回「福の市」同時開催@葉山町長運寺

1月に開かれた第1回「福の市」の様子

 また当日、境内では午前10時から午後4時まで、「美味しいもの・こだわりの手作りマーケット」をテーマにした第2回「福の市」も開かれる。夕凪亭、バーンレイ葉山、ダーク・アーツ・コーヒー・ジャパンなど地元の飲食店のほか、革製品や寄せ植え、犬首輪などの物販、子ども向け砂絵のワークショップなど20以上のブースが設けられる。

 遠藤住職は「お祭りのように、地域の人が集い、家族で楽しんで欲しい」と話している。

開催日

2019年5月1日(水)

8時~16時

住所

神奈川県葉山町長柄615

長運寺

問い合わせ

八千枚護摩事務局

電話

046-875-2609

046-875-2609

ホームページ

http://www.8sen.info/

関連記事

人気記事