開館20周年「これまでの企画展みんな見せます!」岡本太郎美術館記念展(前期)

開館20周年「これまでの企画展みんな見せます!」岡本太郎美術館記念展(前期)

記念のうちわを手にする大杉さん

今年10月に開館20周年を迎える川崎市岡本太郎美術館。およそ60回の企画展を振り返る20周年記念展「これまでの企画展みんな見せます!」が、7月13日から始まる。

 川崎市は生前の岡本太郎氏から2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、美術館を創設。常設展示のほか、太郎作品の芸術性を探るものや岡本氏が交流した作家、芸術と社会との関わりをテーマに企画展を開催してきた。

「岡本太郎・縄文から現代へ」

 記念展では10月14日までを前期とし、代表的な作品や資料を展示。「岡本太郎・縄文から現代へ」と題して、岡本氏の多面的な活動などを紹介する。20周年にあたっては、地元企業や団体がうちわでPRするなど、地域一体でムードを高める。担当学芸員の大杉浩司さん=人物風土記で紹介=は「自治体の美術館は地元の人に愛されなければ。盛り上げていただき本当に感謝している」と話す。

生田緑地の紹介はコチラ

開催日

2019年7月13日(土)~2019年10月14日(月)

9時30分~17時
(入館は16時30分まで)

住所

神奈川県川崎市多摩区 生田緑地内

岡本太郎美術館

費用

一般1000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円
※( )内は20名以上の団体料金、中学生以下は無料

問い合わせ

岡本太郎美術館

電話

044-900-9898

044-900-9898

人気記事

注目