受動喫煙ついて学ぶシンポジウム「たばこの煙はなぜこわい?専門医から学びませんか?」@多摩市永山公民館

このイベントは開催・申込を終了しました

受動喫煙ついて学ぶシンポジウム「たばこの煙はなぜこわい?専門医から学びませんか?」@多摩市永山公民館

 多摩市では、今年10月から「多摩市受動喫煙防止条例」を施行する。そこで市では、施行に先立ち、受動喫煙に関する知識を学び、喫煙者も非喫煙者も健康に過ごせるまちづくりについて学ぶシンポジウムを7月27日(土)、午後2時から4時45分まで、永山公民館ベルブホールで開催する。参加無料。

 「多摩市受動喫煙防止条例」では、学校等の施設に隣接する場所や公園など、多くの市民が利用する場所での喫煙が禁止される。今回のシンポジウムでは、そうした市の取り組みを紹介する他、「たばこの煙はなぜこわい?専門医から学びませんか?」と題して、国立がん研究センターの吉見逸郎医師による講演や、多摩市医師会の医師、健康づくり推進協議会会長、桜ヶ丘商店会連合会会長らが登壇し、それぞれの経験談や考えなどを発表する予定。

 定員は150人(申込み先着順)。手話通訳あり。申込み、問い合わせは市健康推進課【電話】042・376・9111へ。

開催日

2019年7月27日(土)

14時~16時45分

住所

東京都多摩市永山1-5

永山公民館ベルブホール

問い合わせ

多摩市健康推進課

電話

042-376-9111

042-376-9111

関連記事

人気記事