朗読劇「悲しみの星条旗」東日本大震災の支援活動に参加し被ばくした船員の現状【横須賀市】

シェアする

このイベントは終了しました。

 横須賀を母港とし、船員が東日本大震災の支援活動に参加し被ばくした米空母・ロナルド・レーガン。米兵たちの証言を基にした朗読劇「悲しみの星条旗」が8月9日(金)、本町の横須賀芸術劇場小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)で開かれる。

 震災発生後、米海軍が人道的支援のために展開した「トモダチ作戦」に参加し被ばくした船員たちの現状を、映像と音楽を交えて再現。脚本は気鋭の劇作家・くるみざわしん氏、演出は岩崎正裕氏が務めた創作劇で、横須賀を含め全国3ステージのみの公演となる。

 午後6時30分開場、7時開演。全席自由。入場料は前売り当日共に大人2千円、学生1千円(要証明書)。当日券のほか、前売り券はモアーズシティ1階の芸術劇場販売窓口やインターネットなどで購入可能。

 問い合わせは、311トモダチ作戦兵士の被ばくを考える会の沢園さん【携帯電話】090・4835・6681

開催日

2019年8月9日(金)
18時30分開場、19時開演

住所

神奈川県横須賀市ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

本町の横須賀芸術劇場小劇場

費用

前売り当日共に大人2,000円
学生1000円(要証明書)
全席自由。

問い合わせ

311トモダチ作戦兵士の被ばくを考える会 沢園さん

電話

090-4835-6681

090-4835-6681

公開日:2019-07-19

関連タグ