山口蓬春記念館で企画展「花鳥風月-山口蓬春、日本の美を描く」ギャラリートークも開催

このイベントは開催・申込を終了しました

山口蓬春記念館で企画展「花鳥風月-山口蓬春、日本の美を描く」ギャラリートークも開催

山口蓬春《秋影》1939年 東京国立近代美術館蔵 *当館初展示

 山口蓬春記念館(葉山町一色2320)で秋季企画展「花鳥風月-山口蓬春、日本の美を描く」が11月24日(日)まで開かれている。

 「花鳥画の、作品の優劣は、その作家の自然への愛の深さと、観察の力如何とのみが決定すると謂っていい」とかつて語った蓬春。

 展示では花や鳥、自然の風景などを主題にした代表作を通じて、その美しさや生命の輝きを再発見できるとともに、蓬春芸術の根幹にある「日本の美」とそこに宿る普遍性や独自性をじっくりと観賞する事ができる。

 10月27日(日)には、スペシャルギャラリートーク「絵のなかの鳥を鳥類学的な視点で見てみると?」が行われる。鳥類画家で絵本作家の東郷なりささんが、蓬春が描いた鳥について解説する。午後2時から3時まで。参加費無料で、要入館料。定員先着30人で多目的室に集合。

 開館時間は午前10時から午後5時まで。10月14日と11月4日を除く毎週月曜と、10月15日、11月5日は休館。入館料一般600円、高校生以下無料。問い合わせは同館【電話】046・875・6094へ。

開催日

2019年9月27日(金)~2019年11月24日(日)

休館日:10月14日と11月4日を除く毎週月曜日・10月15日と11月5日
開館時間:午前10時から午後5時まで

2019年10月27日(日)

スペシャルギャラリートーク 14時~15時
「絵のなかの鳥を鳥類学的な視点で見てみると?」

住所

神奈川県逗子市葉山町一色2320 山口蓬春記念会館

費用

入場料
一般600円
高校生以下無料

問い合わせ

山口蓬俊記念会館

電話

046-875-6094

046-875-6094

ホームページ

http://www.hoshun.jp/

関連記事

人気記事

注目