横須賀美術館で「見る、知る、学ぶ、作る 版画ワンダーランド」彫りと刷りの多様な表現

横須賀美術館で「見る、知る、学ぶ、作る  版画ワンダーランド」彫りと刷りの多様な表現

彦坂木版工房《クロワッサン》2018年 作家蔵

 「版画」と言って身近に思い浮かぶのは、小学校の頃に図工の授業で手掛けた木版画だろうか。

 これ以外にも銅版画・石版画・シルクスクリーン…など「版画」にはさまざまな種類や技法がある。横須賀美術館で今月16日(土)から開かれる企画展「見る、知る、学ぶ、作る 版画ワンダーランド」は、そうした版画表現の豊かさと多様性を学べる内容だ。

 同展では横須賀美術館が所蔵する約100点と借用作品約60点から、版画の技法を紹介。「複製」という位置づけではなく、特有の制作過程である”彫り”と”刷り”に注目し、作品ができるまでの疑問を解き明かしていく。会場では、原版や試刷のほか、刷り色の異なる作品など目にすることの少ない資料も展示する。

豊富な技法の数々

 「これも版画で―?」と驚くのが表現の多様さ。

横須賀美術館で「見る、知る、学ぶ、作る  版画ワンダーランド」彫りと刷りの多様な表現

ヴィルヘルム・ハイネ《ペリー日本遠征の石版画 久里浜上陸》1855年 横須賀市自然・人文博物館蔵

例えば、ペリーの久里浜上陸を描いたヴィルヘルム・ハイネの作品は石版画。パステル画のようなカラフルな作品は、多色刷りの木版画で制作されている。

数々の作品から技法や色など作家のこだわりにも触れられる。逸見出身で長年ニューヨークで創作活動を続けていた木村利三郎(2014年没)のシルクスクリーンなども展示する。

 作家によるアーティストトークを開催。11月16日は磯見輝夫、17日(日)はもりといずみ(彦坂木版工房)でいずれも午後2時。30日(土)は午前11時から五島三子男、午後2時から藤田修。会場は同館企画展示室、参加無料(要観覧券)。

 会期は12月22日(日)まで。問い合わせは【電話】046・845・1211

開催日

2019年11月16日(土)~2019年12月22日(日)

住所

神奈川県横須賀市横須賀美術館

問い合わせ

横須賀美術館

電話

046-845-1211

046-845-1211

関連記事

人気記事

注目