弘明寺前田町町内会が警察と防犯パトロール【2019年1月31日号】

シェアする
キャンペーンの参加者と署員

防犯で警察と連携

1月10日の「交番の日」に合わせ、弘明寺前田町町内会(長田美代子会長)と南警察署が110番通報の適正化を呼び掛けるキャンペーンを弘明寺商店街で行った。

キャンペーンは南署の依頼を受け、今年初めて参加した。町内会員7人が弘明寺商店街の通行人に振り込め詐欺防止のチラシや通報の適正化を呼び掛けるチラシを配布。熱心な説明に通行人も耳を傾けていた。

弘明寺前田町町内会は以前から防犯活動にも力を入れており、毎月1度の役員による防犯パトロールを20年以上続けており、地域の見守りを行っている。今後、今まで行ってきた防犯活動を続けていくという。

長田会長は交通安全母の会にも参加。活動を通して警察との親交も深く「地域の安全を守っていきたい。今後もキャンペーンなどの依頼があったら積極的に協力していきたい」と話した。

《タウンニュース南区版2019年1月31日号掲載》

横浜市南区連合町内会長連絡協議会ページ

住所

神奈川県横浜市南区

公開日:2019-01-31

同じ特集の記事