大丸町内会の町内会の歌「大丸の歌」 動画をネットに投稿して【2019年9月26日号】

大丸町内会の町内会の歌「大丸の歌」 動画をネットに投稿して【2019年9月26日号】

ユーチューブに投稿

大丸町内会(三石勝会長)には町内会の歌「大丸の歌」があり、動画をネットに投稿している。

大丸の歌は町内会長を務めた経験がある谷口像男さんが13年前、「皆で歌えるものがあれば」との思いで作詞。パソコンミュージックに詳しい副会長の伊東晃さんが作曲し、完成形となった。

「縄文土器に名を残す」などの歌詞は、かつて大丸土器という縄文土器が発掘され、「縄文の郷」と言い伝えのある地域を表した内容。また、三石会長が「落ち着いた雰囲気」と話すように、子どもや高齢者も歌いやすい曲調になっている。

若い世代や新住民などにも知ってもらおうと、大丸の歌をユーチューブで配信。視聴者は隣町の住民のほか、アメリカ在住の日本人も動画を見ており、“町内会の歌”は国境を越えている。

大丸町内会の町内会の歌「大丸の歌」 動画をネットに投稿して【2019年9月26日号】

《タウンニュース南区版2019年9月26日号掲載》

横浜市南区連合町内会長連絡協議会ページはこちら

住所

神奈川県横浜市南区

同じ特集の記事

関連記事

注目