防災活動など紹介 横浜市南区情報誌に事例【2020年2月27日号】

シェアする
町内会などの取組を紹介している

 南区役所が自治会町内会や団体がさまざまなつながりを作ろうと取り組む様子をまとめた情報誌「キラリ」の第6号が2月に発行された。情報誌は地域活動の活性化を目的に、2017年から作り始めたもの。

 今回はA4判4ページの中に7団体の活動を取り上げた。その一つ、お三の宮地区の日枝東部町内会は防災訓練の際に家の玄関先に傘を出して無事であることを知らせるようにしている。この訓練が住民の防災意識向上につながっていることなどが紹介されている。

 ほかにも、六ツ川四丁目町内会の徒歩での帰宅訓練や中村地区の3つの地域防災拠点で同日に行っている訓練の様子などを伝えており、区役所地域力推進担当は「災害時の活動や訓練を行う時のヒントになるのでは」という。その上で「相手を思いやりながら、工夫をして『つながり』を持つ取組を紹介しています」と話す。

 区役所や各施設で配布中。区役所6階フロアにも過去の紙面が置かれた「キラリ」コーナーが設けられている。問い合わせは同担当【電話】045・341・1239。

横浜市南区連合町内会長連絡協議会ページ

住所

神奈川県横浜市南区

公開日:2020-02-27

関連タグ

同じ特集の記事