2021年港北区幼稚園情報「17園の連携生かし、幼児教育の質守る」市幼稚園協会港北支部

シェアする

※記事下部に各幼稚園のサイトに飛べるリンク【港北区内幼稚園一覧はコチラ】があります※

コロナ禍も協力し、教育ノウハウを共有

 2022年度の市内私立幼稚園・認定こども園(教育利用)入園に向け、願書配布が10月15日㈮から始まります。

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、港北区内の幼稚園17園が加盟する横浜市幼稚園協会港北支部(久米真浩支部長)では、各幼稚園の感染対策等の情報共有を図り、各園で生かしてきました。久米支部長は「多くの制約がある今、子どもの有意義な活動が求められる」と話します。

 以前から研修・研究活動に力を入れてきたという同支部では、「児童のためにコロナ禍でも教職員の研修活動を止めたくない」と、オンライン開催等、工夫しながら活動を継続してきました。園長会のほか、全体研修や新任研修、年4回行われるテーマごとの班別研修等を実施し、港北全体の子育てが豊かになるように、協力して幼児教育の質の向上に努めています。

 例えば、班別研修では「かがくあそび」や「造形」のほか、関わりの難しい子どもたちへの理解と支援――のグループに分かれ、各園の教職員が参加し外部講師らから学んでいるそう。

コロナ禍でも園児らの遊び・行事を充実させるための工夫を情報共有(画像はイメージです)

各園の経験生かし、園児、保護者に寄り添って

 来年の入園を見据える保護者には「コロナ禍で思うように園の見学ができないときだが、いつでも各園にご確認ください」と久米支部長。「共存・共栄」を支部の理念に、「ご家庭で上手くいかないことも、個性溢れる子どもたちを見守ってきた各園の経験を生かし解決できれば」と話しています。

1人1人の個性を大切に、子どもたちを育む(画像はイメージです)

【港北区内幼稚園一覧はコチラ】

開催日

2021年9月30日(木)~2021年11月30日(火)
10月15日以降:各園願書配布
11月1日以降:各園願書受付
※ 願書の配布方法、入園受付手続きは各園によって異なります。

住所

神奈川県横浜市港北区小机町256

問い合わせ

横浜市幼稚園協会港北支部

公開日:2021-09-27

関連タグ