地元小コラボで活性狙う 川崎区浅田 あいさつ運動【2019年12月6日号】

シェアする
あいさつ運動キャラクターを考案し、表彰を受ける浅田小の児童らと関係者

 地域にあいさつを広め、住民同士の絆を強固にしようと、川崎区の浅田1・2丁目町内会(岸茂信会長)はこのほど、「浅田あいさつ運動キャラクター」の表彰式を行った。

 同町会は、2018年度に地域活動の一環として小田地区で行われたワークショップをきっかけに、今年度からあいさつ運動のモデル地区となっている。

 今回は浅田小学校の児童たちに協力を仰ぎ、あいさつ運動に使用するキャラクターを募集した。300点ほどの応募があり、その中から10作品が表彰された。

 最優秀賞の「あいさつキャラクター賞」には、同校5年の根本梨楼さんの「あいさつ、えんぴつくん」が選ばれた。表彰作品は今後、のぼりなどのグッズに活用されるという。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市

公開日:2019-12-06

関連タグ

同じ特集の記事