地元町内会に鉢植え寄贈 JFEスチール京浜労組【2020年3月20日号】

シェアする

このイベントは終了しました。

渡部執行委員長(右)と丸野会長

 FEスチール京浜労働組合(川崎区水江町)は16日、同区鋼管通二丁目町内会(丸野喬敬会長)に鉢植え276鉢、プランター22個、腐葉土などを寄贈した。

 パンジー、デージー、ペチュニアなどの鉢植えが同町内会館前に届けられ、プランターに植え替えられた花々は町内の家庭の軒先に設置された。

 同町内会は高齢者みまもり活動の一環として、2018年から町内に花々を設置している。

 同組合の渡部堅三執行委員長は「ご活動を知り、何か地域貢献できればと寄贈した。高齢者の方が表に出るきっかけになり、花を見て楽しい気分になってもらえれば」と話した。

 丸野会長は「今までの実績もあり寄贈していただけたと思うので、今後も活動を続けていきたい」と語った。

川崎市町内会・自治会ページ

開催日

2020年3月16日(月)

住所

神奈川県川崎市

公開日:2020-03-20

関連タグ

同じ特集の記事