幸区の神明町公園 今春完成ならず 入札不備で延期【2020年2月7日号】

シェアする
長く空き地の状態が続く予定地

 幸区神明町に今春オープン予定だった新公園(2019年3月15日号既報)の完成が早くとも6月末まで延びることが明らかになった。

 幸区役所道路公園センターによると、1月9日に行われた入札において書類の不備があり、公平な入札ができないとして中止した。今後改めて入札を行い、3月中に業者を決定。4月から工事を開始し、6月末の完成を目指す。担当者は「夏休みまでにはオープンさせたい」と話す。

 神明町町内会の小泉正敏会長は「我々は集会所として利用していた老人いこいの家が壊されてから、一時避難場所になるような広場にすることを市に要望し、何度も話し合いを重ねてこの春にオープンさせると合意したはず。今回のような決定はとても納得できない」と語った。

川崎市町内会・自治会ページ

住所

神奈川県川崎市

公開日:2020-02-07

関連タグ

同じ特集の記事