2月21日、多摩区内2町会事例を発表@川崎市総合自治会館【2020年2月7日号】

シェアする

このイベントは終了しました。

講師の本多会長(左)と三平さん

 登戸中央町会と、西生田のかりがね台自治会が2月21日(金)、市総合自治会館(中原区小杉町3の1)で講演する。公益財団法人川崎市市民自治財団主催、川崎市共催。

 同財団の創立40周年記念講演会。登戸中央町会は「垣根を越えた自助・共助」と題し、自主防災組織担当部長の三平雅美さんが講話。3つの町会で合同で行う防災訓練や日頃の連携について紹介する。かりがね台自治会は本多武夫会長が登壇し、地域包括ケアシステムのモデル地区としての活動内容を「住民主体による課題解決の取組」をテーマに語る。

 午後2時〜4時。定員200人、当日先着順。

 問い合わせは【電話】044・733・1232。

川崎市町内会・自治会ページ

開催日

2020年2月21日(金)

住所

神奈川県川崎市

公開日:2020-02-07

関連タグ

同じ特集の記事