【当面の間臨時休館】横須賀美術館初代館長の画業振り返る 所蔵品展で島田章三特集

シェアする

このイベントは終了しました。

《ノイローゼ》1957年 横須賀美術館蔵

【お知らせ】

横須賀美術館は、当面の間臨時休館となります。再開など詳細はHPでご確認ください。

 2007年に開館した横須賀美術館の初代館長を務めた島田章三(1933-2016)の特集展示が12月19日(土)から同館で開かれる。第4期所蔵品展の企画で初期の代表作「ノイローゼ」や横須賀を描いた作品のほか、17年に家族から同館に寄贈された作品や愛用のイーゼル、パレットも展示する。

11年の企画展レセプションで

 さらに「島田章三ゆかりの作家たち」と題し、東京藝術大学で同学年だった磯辺行久、高松次郎、中西夏之や夫人の島田鮎子のほか、同じ画塾で指導にあたった林敬二、磯見輝夫ら交流のあった画家たちの作品も紹介する。展示室6・7・8で、会期は来年4月4日(日)まで。

 問い合わせは同館【電話】046・845・1211

開催日

2020年12月18日(金)~2021年4月4日(日)

住所

神奈川県横須賀市横須賀美術館

問い合わせ

横須賀美術館

電話

046-845-1211

046-845-1211

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2020-12-19

関連タグ