featureBanner

ビーチテニスで共同生活 全国から茅ヶ崎に選手が移住&集結!海まで5分の戸建て暮らしを潜入レポート

シェアする
自宅近くの砂浜で練習

茅ヶ崎から世界へ―。「ビーチテニス」の一線で戦っている選手たちが茅ヶ崎へ引っ越し、共同生活を送りながら競技力を高めるプロジェクトが、茅ヶ崎市緑が浜で2020年8月に始動しました。仕掛け人は、ビーチテニスで5度の日本チャンピオンに輝いた相澤幸太郎さん(40)です。

指導にあたる相澤さん

ビーチバレーのコートで、ネットの高さは1m80cm(男子)。テニスよりひと回り小さい特殊なラケットで、バドミントンのようにボールを地面に落とさないのが「ビーチテニス」。2019年に現役を引退した相澤さんが、かつて住んでいた茅ヶ崎を拠点に後進を育成する新プロジェクト。緑が浜に一軒家を借りて、千葉や長崎、神奈川出身の選手3人が入居し、相澤さんの指導の下で生活や練習を共にしながら上を目指しています。

ビーチテニスに集中できる環境を茅ヶ崎に

12年ほど前に日本でもスタートしたビーチテニス。国内の競技人口は今では2000〜3000人とも言われますが、主戦場となるビーチが近くになければ、いつでも気軽に競技に取り組めるわけではありません。そんな中で相澤さんは、選手たちがビーチテニスに集中できる環境を作ろうと、海のある茅ヶ崎でプロジェクトを発足。日本ランキング6位の選手を筆頭に3人がこのプロジェクトに参加し、切磋琢磨しています。

鉄砲通り沿いに借りた4LDKの一戸建て

食事タイムは和気あいあい

寝食するのは、鉄砲通り沿いに借りた4LDKの一戸建て。練習場所となる海まで、自転車で5分という好立地です。選手たちは日中は仕事があるため、練習は平日の早朝や土日を使って週3日。入居する坂田康平さん(27)は、「ビーチにすぐ行けるのがいい。練習は相手が必要なので、ここだとみんながいるので環境が整っています」。

食事の準備は順番に担当し、掃除も分担。リビングでは、テレビモニターを通じて試合や練習中の映像を流し、議論を交わします。競技歴6年の堂本拓央さん(27)は、「もっと強くなりたいと思ってここに来ました。日本一、そして世界で戦える選手になりたいです」と目を輝かせます。指導する相澤さんは、「競技力だけでなく、共同生活で人間力も高めたいんです。チャンピオンになり得る人間になってほしい」と期待を寄せています。

【タウンニュース茅ヶ崎版2020年9月25日号記事を加筆・修正】

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市緑が浜

公開日:2021-04-01

関連タグ

同じ特集の記事