【箱根・山のホテル】「つつじ・しゃくなげフェア2022」庭園のツツジがナショナルコレクションに認定!

シェアする

由緒ある「ツツジ・シャクナゲ庭園」で知られる、「箱根・小田急 山のホテル」ではツツジの開花に伴い、4月下旬~5月下旬に「つつじ・しゃくなげフェア2022」を開催します。ツツジやシャクナゲの苗木の販売や、俳句募集も実施します。

庭園のツツジがナショナルコレクションに認定

2022年3月14日、「小田急山のホテル 庭園のツツジ」が「日本植物園協会ナショナルコレクション第10号」に認定されました。「ナショナルコレクション認定制度」とは、日本植物園協会が2017年に創設した制度で、「日本で栽培されている文化財、遺伝資源として貴重な植物を守り、後世に伝えていく」ことを目的とした植物コレクションの認定、保全の制度です。

富士山と芦ノ湖を背景に咲き誇るツツジ

「小田急山のホテル 庭園のツツジ」は、江戸時代に作り出された他所ではほとんど見られない30の古品種を含む84種類約3000株あり、周囲の景観とともに次世代に残すべき価値あるコレクションとして認められました。

「男爵の100年ツツジ 100年先への挑戦」

「小田急 山のホテル」の庭園は、元々、三菱四代目社長・岩﨑小彌太男爵別邸(1911年竣工)の庭園でした。今では大半が樹齢100年を越え、ホテルでは専任のガーデンスタッフが大切に手入れを続けてきました。

2015年より10か年計画で、由緒ある庭園の維持・再生を目的に山のホテル庭園プロジェクト「男爵の100年 ツツジ100年先への挑戦」を立ち上げ、「品種調査」「苗木育成」「土壌改良」などに取り組んできました。

ツツジと共に貴重なシャクナゲ

シャクナゲ_ゴーマー・ウォータラー

山のホテル「ツツジ園」奥の「シャクナゲ園」には、約40種300株のシャクナゲが植栽され、ツツジと前後して、艶やかに咲き誇ります。中には、岩﨑小彌太が日本で初めて輸入した西洋シャクナゲと言われている「ゴーマー・ウォータラー」や樹齢100年以上の樹木など、貴重な品種12種も存在します。

「つつじ・しゃくなげフェア2022」概要

【期間】4月下旬~5月下旬(ツツジの開花状況により、開催期間が変更になる場合あり)
【庭園見学時間】9:00~17:00
【庭園見学料】1000円(ツツジ開花中のみ)※小学生以下無料
【花の見頃】ツツジ:5月上旬~中旬 シャクナゲ:5月上旬~下旬

俳句募集

「うれしさは 躑躅の客に 富士も見せ」
岩﨑男爵がこの庭園で詠んだ句です。男爵は高浜虚子に俳句を学び、「巨陶」という俳号で句集を出したほど。そんな男爵にちなみ、「つつじ」を兼題とした俳句を募集します。優秀作品には賞品が用意されています。

【募集期間】2022年4月29日(金)~6月30日(木)
【兼題】つつじ
【選者】中原道夫氏(銀化俳句会主宰)
【応募方法】小田急山のホテル公式HPより

開催日

4月下旬~5月下旬
※ツツジの開花状況により、開催期間が変更になる場合があります。
庭園見学時間:9:00~17:00

住所

神奈川県足柄下郡箱根町小田急 山のホテル

費用

庭園見学料:1000円(ツツジ開花中のみ)
※小学生以下無料

問い合わせ

小田急 山のホテル

電話

0460-83-6321

0460-83-6321

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-28

関連タグ