箱根・山のホテルで「つつじ・しゃくなげフェア2021」開催!「園芸文化遺産」と言われる庭園を公開!

シェアする

由緒ある「ツツジ・シャクナゲ庭園」で知られる、「箱根・小田急 山のホテル」ではツツジの開花に伴い、4月29日(木・祝)から、園路の一方通行など新型コロナウイルス感染症拡大防止対策実施のもと、「つつじ・しゃくなげフェア2021」を開催します。

「男爵の100年ツツジ 100年先への挑戦」

「小田急 山のホテル」の庭園は、元々、三菱四代目社長・岩﨑小彌太男爵別邸(1911年竣工)の庭園でした。今では大半が樹齢100年を越え、ホテルでは専任のガーデンスタッフが大切に手入れを続けてきました。

2015年より10か年計画で、由緒ある庭園の維持・再生を目的に山のホテル庭園プロジェクト「男爵の100年 ツツジ100年先への挑戦」を立ち上げ、「品種調査」「苗木育成」「土壌改良」などに取り組んできました。

貴重品種を数多く含むツツジ、シャクナゲの存在が明らかに

5年に渡る品種調査の結果、ツツジは従来分かっていた約30品種から約70品種3000株を確認。シャクナゲは約20品種から40品種300株の存在が明らかになりました。さらに品種の多さもさることながら、ツツジでは「むらさきぎい」「鳳凰殿(ほうおうでん)」、シャクナゲでは「ゴーマー・ウォータラー」「キョウマルシャクナゲ」など貴重な品種も数多く見つかりました。

これだけの内容のツツジとシャクナゲが一か所で保存され、見ごたえのある造園美を楽しめる庭園は全国的にも珍しく、研究者・倉重祐二氏からも、我が国を代表する「園芸文化遺産」と評価を受けました。

「つつじ・しゃくなげフェア2021」概要

【期間】4月29日(木・祝)~5月下旬(ツツジの開花状況により、開催期間が変更になる場合あり)
【庭園見学時間】9:00~17:00
【庭園見学料】1000円(小学生以上)※ツツジ開花中のみ
【花の見頃】ツツジ:5月上旬~中旬 シャクナゲ:5月上旬~下旬

ツツジ・シャクナゲ講演会

庭園プロジェクトに尽力している、ツツジ・シャクナゲ研究者の倉重祐二氏による講演会を、5月10日(月)11:00~12:00に開催します。料金は無料(庭園見学料のみ)、先着40名。

山のホテル庭園のツツジ・シャクナゲの品種調査の結果や、研究者ならではの貴重なお話を聞くことが出来ます。

開催日

2021年4月29日(木)~2021年5月31日(月)
※ツツジの開花状況により、開催期間が変更になる場合があります。
庭園見学時間:9:00~17:00

2021年5月10日(月)
11:00~12:00
ツツジ・シャクナゲ講演会

住所

神奈川県足柄下郡箱根町小田急 山のホテル

費用

庭園見学料:1000円(小学生以上)

問い合わせ

小田急 山のホテル

電話

0460-83-6321

0460-83-6321

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-30

関連タグ