<川崎市多摩区> 五反田川沿いに並ぶこいのぼり、2021年は新たな飾り方を楽しんで【5月5日まで】

シェアする

このイベントは終了しました。

川沿いに並ぶこいのぼり=2020年

4月25日(日)に設置

 生田地区を流れる五反田川で、この時季の風物詩となっているこいのぼり。飾り付けを続けてきた五反田自治会(吉田輝久会長)では、14年目で古くなってきたこいのぼりを刷新しようと78本を新たに購入。4月25日(日)に設置する予定だ。

 同自治会が2008年に始めたこいのぼりは、地元の子どもたちに思い出を残してあげようと、住民からの寄付などで数を増やしながら継続。2020年も10本を新調し、感染対策をしながらコロナ禍の地域に彩りを加えた。一方、古いこいのぼりは口元が切れているものも多く、今回一つひとつを点検したという。

新しく78本新調し合わせて126本

 2021年飾るこいのぼりは、新しい78本と合わせて126本。川沿いで設置しやすい新たな飾り方も事前に研究している。吉田会長は「いつもと違う並び方で非常にきれいになると思う。皆さんに楽しんでもらいたい」と期待を込める。

 設置は25日の午前中の予定で、5月5日のこどもの日まで楽しむことができる(天候次第)。場所は五反田川の小田急線生田駅東側(登戸駅方面)、生田大橋付近。

開催日

2021年4月25日(日)~2021年5月5日(水)

住所

神奈川県川崎市多摩区 生田地区五反田川小田急線生田駅東側(登戸方面) 生田大橋付近

公開日:2021-04-24

関連タグ