【取材レポ】大和市福田の”花のお寺”『常泉寺』を訪れてみました 心安らぐ河童と四季の花々が楽しめます

シェアする
木々に囲まれた山門が出迎える

小田急江ノ島線・高座渋谷駅下車、西口徒歩7分にあり「花のお寺」「河童のお寺」として親しまれている、大和市福田の常泉寺。禅宗曹洞宗のお寺で、1588年(天正16年)に創建されました。境内の庭園には一年を通して四季折々の花が咲き、ユニークな河童さまの像とともに参拝者を楽しませています。

三椏(みつまた)は「かながわ花の名所100選」に

青空に映える三椏と紅白のしだれ梅

「花のお寺」として知られる常泉寺で特に知られているのが、「春の三椏(みつまた)」です。3月中旬から4月上旬が見頃で、毎年この時期は参道と境内が三椏の花々で埋め尽くされます。平地で咲く三椏としては日本一の数を誇り、「かながわ花の名所100選」にも選定されています。

  • 三椏は中国原産で、枝が三つに分かれることからこの名称です。境内には「黄瑞香(きずいこう)」と「赤い三椏」の2種類が植えられて甘い香りを漂わせ、毎年多くの参拝者が訪れます。

河童さまを祀るお寺

クスっと笑ってしまうユニークな河童の像が至るところに

境内に浄水が少し湧き出していることから、同寺では「水の神様」として河童を祀っています。境内には大小合わせて約300体以上の河童の像があちらこちらに配置され、花々と共に楽しめるようになっています。

  • 「ユーモラスな姿は、何となく人間の理想像であると思います」と青蔭住職。また、なかなか参拝者一人ひとりと接することのできない住職が「自分に代わり心を和ませてもらいたいという思いを込めて、置かれたものだそうです。

オリジナルの御朱印帳も人気

境内のしだれ桜をモチーフにした新作の御朱印帳(2,200円)

河童さんの御朱印

常泉寺ではオリジナルの御朱印帳を販売しています。全4種類で、河童の親子をモチーフにした可愛らしいデザインから、境内に咲く花々をあしらった上品なものまでどれも素敵!

御朱印は住職直筆で、「境内に咲く月替わりの花」、「観音様」、「河童さん」の3種類から選ぶことができます。「観音様」は8が付く日(毎月8日・18日・28日)に、「河童さん」は毎週水曜日に限定で販売しています。

  • 御朱印帳は1冊1,600円~、御朱印は1枚300円。お寺の受付で販売しているほか、郵送での販売も対応しています。御朱印帳や御朱印の種類などの詳細は下記リンクから見ることができます。

花のお寺 常泉寺 (jousenji.com)

毎月18日は観音様と会える日

本尊佛を祀る本堂

同寺では毎月18日午後2時から、住職と語らいながら本堂の本尊佛(聖観世音菩薩)と脇佛(文珠・普賢菩薩)を拝観できる「観音様と会える日」を開催しています。普段目にすることができない本堂や客殿を見ながら、住職のお話を聞くことができます。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

四季折々の花のリレー

庭園にはいつ訪れても季節の花々が楽しめるように200種類の草花が植えられています。普段目にすることのできない、珍しい品種のものも多く、カメラを持って訪れる人の姿も見られます。境内に咲く月ごとの花々をご覧ください!

下記画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

四季を感じられる花々に、ユニークな河童さまの像、心温まる御朱印まで楽しめる常泉寺。境内に一歩足を踏み入れれば、静寂に包まれ喧噪も時間も忘れられる空間が待っています。ぜひ一度ゆったりと訪れてみてはいかがでしょうか。

住所

神奈川県大和市福田2176

境内拝観料
高校生以上:300円
小中学生:150円
未就学児、身体障碍者の方(手帳をご提示ください):無料 

電話

046-267-8789

046-267-8789

受付時間 10:00~16:00

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-06-17

関連タグ