featureBanner

セルフ式や冷凍自販機など、茅ヶ崎でも新ビジネス急速に普及

シェアする
加納商店が導入した冷凍自動販売機

新型コロナやそれに関連したさまざまな措置による経済的な影響に対応するため、キャッシュレス決済や非対面式の接客、買い物代行など、新たなビジネスモデルが急速に普及しているのをご存じでしょうか。コロナがもたらした全国的なこの流れは「ニューノーマル」(新しい生活様式)と言われ、茅ヶ崎でもその動きが広がってきています。

セルフエステ店「my Salon」や、冷凍自動販売機を導入した「加納商店」、イトーヨーカドーの配送サービス「きいろい楽だ」について話を聞いてきました。

人件費削減やコラボも

定額制セルフエステ「my Salon」

プライベート空間が確保されたエステ店内

新栄町に先月オープンした、定額制セルフエステ「my Salon」は、初来店時にスタッフから説明を受けた後、2回目からは誰とも接触をすることなく機器を利用することができるといいます。人件費削減にもつながり、安価にサービスを提供できることから、「お得でうれしい」などの声が届いています。

「加納商店」

桜道の「加納のお弁当やさん」前に設置された冷凍自販機。隣に立つのは代表の加納さん

湘南エリアで飲食店や弁当屋を運営する「加納商店」は、2021年5月から冷凍食品を販売できる自動販売機「ど冷(ひ)えもん」を導入し、茅ケ崎駅前など市内各地に4台設置しています。生餃子などお店の味を冷凍し、24時間販売できることから、コロナ禍で減少した売上を補う販路に期待を寄せています。また、他店とコラボし商品を販売する計画も進行中といい、代表の加納利春さんは「湘南を拠点に、地域の味を全国に広げていきたい」と意気込んでいました。

イトーヨーカドー茅ヶ崎店

イトーヨーカドー茅ヶ崎店

イトーヨーカドー茅ヶ崎店では、これまでお客さんが購入した商品を従業員が梱包し配送していたサービス「ポーターサービスきいろい楽だ」の利用方法を、2021年7月を目途に変更する予定といいます。購入商品への接触を避けるためで、今後は購入者自身が梱包し、配送員がお届けする仕組みになります。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市元町19の1

公開日:2021-06-30

関連タグ

同じ特集の記事