【隙間時間を活用した働き方】障害のある方の家事支援スタッフを募集 横浜市瀬谷区の「社会福祉法人瀬谷はーと」

シェアする
社会福祉法人瀬谷はーとの三村さん(右)と川添さん

瀬谷区内で障がい福祉サービスを展開し、7事業所を運営する社会福祉法人瀬谷はーとでは、グループホームで働く支援員(パート)を募集中です。ここでは仕事内容スケジュール働きがいなどを採用担当の三村さんに詳しく聞いてみました!

利用者の生活を見守り、時に手伝う支援員

そもそも、グループホームに住む障がいのある方の生活を支える支援員とはどのような仕事なのでしょうか。

「利用者さんたちは日中、それぞれの仕事に出ていてある程度自立した方々です。支援員の仕事は、

  • 帰ってきた利用者さんの話し相手
  • 食事の調理や準備
  • 洗髪中に洗えていない箇所の指摘
  • 洗濯の仕方を教える

など。日常生活の家事の部分をお手伝いしつつ、時にはじっくりと話しを聴くといったお仕事です」

なるほど。利用者さんの衣食住を見守るのが支援員の仕事なのですね。

隙間時間を使った柔軟な働き方を推奨

 募集要項(※下記参照)を見ると様々な時間帯で働けるのも特徴です

「皆さんの得意分野や隙間時間を利用して勤務時間を変更して働くことも可能です。

  • 料理が得意なので、2時間だけ調理をして退勤する
  • 子どもが学校に行っている間だけ働く

といったことも可能。ぜひ働き方についてはご相談ください」

とある支援員のスケジュール

隙間時間を活用した働き方はとても魅力的!ですが、実際のところどんなスケジュールなのでしょうか?今回は実際に働いている支援員さんのとある一日をご紹介します。

ライフイベントを共に過ごす感動

この仕事の醍醐味は、様々な場面を通して利用者の生活に寄り添いながら、誕生日などのライフイベントを一緒に過ごすこと。お互いの成長を感じ合えたり、「ありがとう」の感謝の言葉が直接伝わる職場だと三村さんは言います。

日々の生活の場

日々のコミュニケーションを大切に

生活の場であるからこそ、利用者との日々のコミュニケーションが重要。ですが、それは職員同士にも通じています。

「支援員となる方とは、私たち職員に何でも相談してもらえる関係づくりにも注力しています。何かトラブルが起こったとしても、『報告・連絡・相談』をしてもらえれば、問題解決にもつながるからです。不安なことも、嬉しかったことも、私たちに話を聞かせてください」

より心地の良い支援を目指して

職場となるハートウオームⅠとⅡでは、様々な年代の方が働いているそう。世代間によって良い助け合いのバランスが取れていると言います。

「何よりも優しい気持ちで日々の仕事に向き合う方が集まっています。日々話し合いながら、より心地の良い支援や活動ができるように一緒に目指していきましょう!」

グループホーム「ハートウオームⅡ」(瀬谷区宮沢)の外観

住所

神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境78-12

問い合わせ

社会福祉法人瀬谷はーと・生活介護事業ひらり

【募集要項】(グループホーム支援員=パート)
●業務内容/グループホームに住む利用者さんの生活のお手伝いや、調理などの家事をします。
●時間/週1日~勤務可能。
  ハートウォームⅠ〈瀬谷区宮沢〉(女性棟)
   ①6:30~10:00 ②10:00~15:30 ③15:30~20:00 ④18:30~翌7:00
  ハートウォームⅡ〈瀬谷区宮沢〉(男性棟)
   ①6:30~10:30 ②15:00~21:00 ③19:00~翌7:00

※平日2時間調理のみも可
※土日祝は若干時間変更あり

●時給/1,030円
●休日/長期休暇、慶弔、有給
●資格/特になし。未経験者歓迎、学歴不問
●待遇/交通費全額支給、社保完備、賞与あり、昇給年1回、自転車・バイク・自家用車通勤可、諸手当あり

電話

045-744-6708

045-744-6708

採用担当は、社会福祉法人瀬谷はーと・生活介護事業ひらりの三村まで。

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-21

関連タグ