真っすぐ真っすぐ53㎞ 藤沢も通る「水道みち」って知ってる?

シェアする

 「水道みち」「水道道路」って知ってる? 愛川から藤沢を通って横須賀まで続く「真っすぐ」な道だよ。

どうして真っすぐかというと、上下水道管の通る地面の上に設けられた道路で、水源からなるべく最短距離になるように設計されたことが理由なんだってさ。だから地形にかかわらず直線状のことが多くて、藤沢市では、御所見〜村岡地区を「横須賀水道道路」が斜めに縦断しているよ。

藤沢を通るこの「横須賀水道道路」は、1918年に横須賀海軍に水を供給するため愛川町の宮ケ瀬ダム付近から約53Kmの水道管が通されたのが始まり。なんと2015年までの97年間、横須賀の逸見浄水場まで通水していたんだって!

どこまでも続くかのような、真っすぐな道。みんなも歩いて見つけてみてね。

ふじさわ歩くページ

住所

神奈川県藤沢市善行長後線

公開日:2021-07-30

関連タグ

同じ特集の記事