featureBanner

茅ヶ崎市立図書館が「気候変動とSDGs」学べる夏休み企画を開催中!

シェアする

このイベントは終了しました。

茅ヶ崎市立図書館は8月31日(火)まで、2階展示ホールで「図書館で学ぶ『気候変動とSDGs』」を開催しています。

「夏休みの自由研究応援」として、市環境政策課と図書館が企画。2015年に国連本部で定められたSDGs(持続可能な開発目標)を達成するため、また気候変動の影響を抑えるためにできることなどを解説しています。

昨年茅ヶ崎市と寒川町の両首長が共同で表明した「茅ヶ崎市・寒川町 気候非常事態宣言」の紹介をはじめ、省エネの取り組み事例、食品ロス等についてのパネルを設置。また(公財)かながわ海岸美化財団の取り組み説明のほか、海岸に落ちているタバコやライター、注射器といったごみを実際に展示しています。

さらに雨水貯留タンク「雨水くん」の紹介も。「雨水くん」は、雨水を有効利用をしたり、大雨時の浸水被害防止につなげたりできることから、市が設置を呼びかけています。

児童向けの解説本は大人の入門編にも

このほか図書館ならではの取り組みとして、SDGsや環境問題について学べる本の紹介コーナーが設置されています。図書館の担当者は「近年は、児童向けの良質な本も増えている。大人が読んでも『入門編』として充実しているので、ぜひ手に取ってみてほしい」と話しています。

#ちがすきトップページはこちら

開催日

2021年7月28日(水)~2021年8月31日(火)

住所

神奈川県茅ヶ崎市/茅ヶ崎市立図書館

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-09

関連タグ

同じ特集の記事