日本一幸せな幼児期を@なかの幼稚園【八王子市】

シェアする

日本一幸せな幼児期を過ごして欲しい」そんな思いが込められるなかの幼稚園。園庭にはブランコ10台、砂場が2カ所、7台ある園バス、などは全て「いつも子どもがど真ん中」とした考えのもとに理由があります。なかの幼稚園が考える「幸せな幼児期」では、どんな経験や体験が待っているのでしょうか。

同園の特徴をベスト3で紹介します。

ベスト3  コロナ禍でもイベントやります

入園式、遠足、運動会、高尾山の遠足など、2020年はコロナ禍でも感染対策を行いながら極力中止をせず実施していたそうです。「できない、できない、ではなくてやれることは何か」と話すのは高橋詩子園長先生。いつも室内で行う参観は室外で、運動会は応援に来る保護者の密を避けるために、2回にわけて開催していました。詩子先生は「普段の生活を見てもらうこと、一緒に過ごしてもらうことは、この状況下であっても子どもの成長を知ってもらうために必要なことです」と言います。

屋外で行われた参観。もちろんリスクを避けたい方には欠席や違う時間での参観などを選ぶことができます

ベスト2 ブランコが10台⁉︎園庭が広いには理由が…

子どもの「今これやりたい」を尊重してくれるなかの幼稚園。10台あるブランコはその象徴ともいえます。でも、やっぱり順番待ちになることもあるそうです

なかの幼稚園は約800坪の園庭のほかに畑や虫取りができる自然園があるなど、とにかく広いです。ブランコの台数10台あるのは「乗りたい子が乗れるように」。砂場は二つ、木製トラックは12台…と、とにかく遊具やおもちゃの数が多いのは、「これで遊びたい」という子どもの気持ちに応えるため。譲りあうことも学んだ方がいいのでは…とも思いますよね。詩子園長先生は「まずは自分をきちんと主張すること。それが相手を尊重することにつながります」と言います。譲るというのは自我が芽生えた上でできることなんだそうです。実際、なかの幼稚園の年長さんになると、年少さんの面倒をみられるお兄さん、お姉さんになれますよ。

本来なら少なくても済む園バスを7台にしているのは、どこから来るお友達も「9時30分までに」幼稚園に集まれるようにするためです。こんなところにも「子どもがど真ん中」。

ベスト1 空箱で作れる世界は無限!創造性を育みます

空き箱で制作する動物。

  • ティッシュケース
  • サランラップの芯
  • 穴あきペットボトルのふた
  • ヤクルトのカップ
  • マスキングテープ
  • 輪ゴム…

こうした材料でものを作ることにワクワクしませんでしたか?なかの幼稚園には、家から集めた空き箱や部品が1年中ストックされています。ランドセルを作ったり、お散歩できるワニを作ったり。先生が指導して作るのではなく、子どもが作りたいものを作ります。工夫や閃きが詰まった作品がずらり。「それ何で作ったの?」と聞き合う様子も。「先生に頼らず、自分で作れることが自信になりますね。他の子どもたちの刺激にも。なかのの自由や発想力を支え育んでいます

八王子幼稚園特集ページを見る

住所

東京都八王子市中野上町5-32-13

問い合わせ

学校法人八王子中村学園 なかの幼稚園

電話

042-622-3001

042-622-3001

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-24

関連タグ