featureBanner

【9月の野菜はさつま芋】秋の味覚たっぷり♪さつま芋の炊き込みご飯

シェアする

秋の味覚たっぷり♪さつま芋の炊き込みご飯

さつま芋は加熱に強いビタミンCが豊富。食物繊維やカリウムも含まれ便秘解消や塩分排出を促します。きのことごぼうでさらに効果が期待できます。鮭に含まれるEPA.DHAは脳細胞を活性化!Let’s 育脳!

【材料】

・さつま芋……小2本(350g)
・秋鮭…………2切(240g)
・舞茸…………100g
・ごぼう………1/2本
・米………………2合
・黒ごま…………適宜
A
・塩………………1/2
・醤油…………大1
・みりん…………大1
・酒………………大1
 

【作り方】

①秋鮭に塩を軽く振ってしばらくおき水気が出たらペーパーで拭き取る。さつま芋は1.5cm角にカット、舞茸は小房に分け、ごぼうはささがきにする。
米は研いで炊飯器の内釜に入れ、Aを加え、目盛まで水を注ぎ軽くまぜる。
②舞茸、ごぼう、さつまいもの順に米の上にのせ、最後に秋鮭をのせ、炊く。
③秋鮭をトングなどで取り出し、粗熱を取り、お箸や手でほぐし、皮と骨を取り除く。(皮はお好みで食べても良い) おかまに戻し全体をさっくり混ぜる。
④器に盛り付け黒ごまをふる。

【レシピ提供者】

9月の野菜は【さつま芋】

茅ヶ崎産の「紅あづま」。生産者は茅ヶ崎市堤の八幡 正勝さんです。

「紅あづま」は食感はホクホクして、すごく甘いです。食べて美味しいのはふかし芋。電子レンジを使うと水分が飛んでしまうため、食感はコツコツしてしまいます。弱点は寒さに弱く、冬場はすぐに霜にやられてしまいます。

【野菜解説】

#ちがすきトップページはこちら

問い合わせ

フードディレクター・栄養士 金丸 知奈

メールアドレス

china@canamar.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-16

関連タグ

同じ特集の記事