相続専門税理士が登壇!笑って、学ぶ『落語で相続&セミナー』小田原市で開催  

シェアする
相続専門税理士が登壇!笑って、学ぶ『落語で相続&セミナー』小田原市で開催  

「笑っているうちに、相続のポイントが分かった」

多くの人が、いつかは向き合う「相続問題」。でも、イメージするのは税金対策、煩雑な書類関係、親族での話し合い…。「早めの準備が大切」と分かってはいるけれど、ついつい先延ばしにしてしまいがち。

そんなモヤモヤ解消をサポートしたいと、地元の株式会社中川工務店(本社・小田原市/R+house事業部・開成町)が開催しているのが、『落語で相続&相続セミナー』です。

<目次>
◎おもしろい!分かりやすい!ためになる!『落語で相続セミナー』
◎「相続は山登り」に似ている ー石倉先生からアドバイスー
◎たちまち重版!石倉先生、初の著書

おもしろい!分かりやすい!ためになる!『落語で相続セミナー』

創作落語を披露する石倉英樹先生

  • 講師:石倉英樹さん(石倉公認会計士事務所 代表/株式会社中川工務店 特別顧問)
  • 相続専門税理士・公認会計士&社会人噺家 (高座名:参遊亭英遊)として活躍中
  • メディア出演:FMヨコハマ(ラジオ)、BS11報道番組(テレビ)、朝日新聞・毎日新聞、著書『知識ゼロでもわかるように、相続についてざっくり教えてください』(2021出版)

株式会社中川工務店では、石倉英樹先生の「落語で相続&相続セミナー」を小田原エリアで1年に4回ほど開催しています。毎回、あっというまに予約で満員になってしまうほどの人気です。スケジュールが決まり次第、ホームページや地域情報紙『タウンニュース』で告知しますのでぜひお見逃しなく。

<落語で相続&相続セミナー>
第1部:笑って学べる、落語で相続
第2部:セミナー「相続ここだけの話」
※開催日程 中川工務店ホームページで随時発信/タウンニュース掲載(過去)小田原・箱根・湯河原・真鶴版

このセミナーでは、堅苦しい話は一切ありません。

第1部『落語で相続』は着物姿の石倉先生が登場。噺家・参遊亭英遊として「笑いながら相続の知識を身につけていただきたい」とニッコリ。軽妙な語り口で披露する創作落語には相続のポイントがちりばめられていて、聞き終わった時には相続の基本が頭に入っているというわけです。

相続専門税理士・公認会計士の石倉英樹先生

第2部では、スーツに着替えた石倉先生が『相続ここだけの話』をテーマに、相続専門税理士として豊富な知識や具体的な事例など、ためになる話がたっぷり。知らないと損をする?かもしれない、まさに「ここだけの話」もこっそり教えてくれます。

▲<目次>に戻る

「相続は山登り」に似ている ー石倉先生からアドバイスー

2~3カ月で終わる家族、10年経っても終わらない家族

相続手続きが2~3カ月でアッという間に終わるご家族と、10年経っても終わらないご家族がいることをご存知でしょうか?

​実は、相続は決して難しい手続きではありません。やるべき事が決まっているため、専門家のアドバイスを受けながら正しい手順で進めていけば、スムーズに終えることができます。

しかし、相続手続きには一つ「重要なルール」があります。それは、残された相続人全員が力を合わせること。もし、ひとりでも話し合い参加しなかったり、へそを曲げていつまでも反対していると永遠に相続手続きは終わりません。その結果、日本各地で騒がれているのが「空き家問題」です。相続手続きが終わらないことから、売るに売れず結果的に空き家になってしまうのです。

このように、相続は相続人全員が力を合わせて手続きを進める必要があるため「山登り」に非常に良く似ていると言われます。もし、ひとりでも反対する相続人がいれば先に進めず、いつまで経っても山頂にたどり着くことができません。その一方で、みんなが譲り合い助け合えば、あっという間に山頂からの素晴らしい景色を眺めることができます。

“仲が良い家”でも油断は禁物

しかし、普段から仲が良い家族でも決して油断は禁物です。なぜなら「相続山の天気は非常に変わりやすい」のです。兄弟同士の仲が良く、相続山を登り始めたことは晴天が続いていても、遺産の全貌が明らかになり、徐々に自分の取り分がハッキリしてくると「ある感情」が湧いてきます。

その感情とは「もらえるお金は、もらっておきたい」という思いです。新型コロナウイルスなどの影響で、今は将来が見通しづらい時代ですので、もらえるお金はもらっておきたいという感情が湧いてくるのは自然なことで、決して悪いことではありません。しかし、この時に遺産の大部分を占めるのが分けづらい実家の土地である場合には、遺産分けがまったく進まず、揉めたくないのに結果的に揉めてしまうことになりかねません。

元気なうちに「遺言」を

そんな事態に陥らないようにするためには、元気なうちに「遺言」を書いておくことをおすすめします。遺言があれば、基本的にはそれに従って遺産を分けるため、揉める確率はぐっと下がり、残された相続人は穏やかな気持ちで相続山を登りきることができるでしょう。

▲<目次>に戻る

たちまち重版!石倉先生、初の著書

『知識ゼロでもわかるように、相続についてざっくり教えてください』

石倉先生の初著書。販売3カ月で重版の人気!購入は画像をクリック!

石倉先生は、2021年秋に初の著書『知識ゼロの方でもわかるように 相続についてざっくり教えてください。』を出版しました。発売から3カ月でたちまち重版となるほどの人気です。中身は「対話形式」で分かりやすく、1時間ほどで読めます。文字が大きいのもうれしいですね。相続の入門書として、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

住所

神奈川県足柄上郡開成町みなみ5-5-1

問い合わせ

株式会社中川工務店 R+house事業部

電話

0465-43-7770

0465-43-7770

10:00~18:00
定休日/水・木

メールアドレス

info@nakagawakoumuten.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-25

関連タグ