大河『鎌倉殿の13人』<ドラマ館がリニューアル>パネルや特集映像など

シェアする
等身大パネルも増えた展示(協議会提供)

 鶴岡八幡宮境内に開設中の大河ドラマ館の展示が、大幅にリニューアルされた。等身大パネルや映像なども刷新し、リピーターも楽しめる内容となっている。

新たな等身大パネルも

 同館を立ち上げた大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉市推進協議会が、7月7日の閉館後に展示を変更し、翌8日から公開。源頼家や北条泰時、北条時房、比奈の等身大パネルが増えたほか、人物紹介のサイネージなどを入れ替え。シーン映像は最近ドラマで放送された内容に変わり、4Kシアターには御家人の特集映像が加わった。

源頼朝の衣装を特別展示

 また衣装や小道具も刷新。作中で描かれた巻狩りの際の源頼朝の衣装を特別展示し、義経から頼朝に宛てた文(腰越状)も公開されている。人物相関図と年表は全面リニューアルし、サインも9点増え40点となった。

8月に開館時間延長

 ドラマ館は現在、午後5時の閉館だが、8月6日(土)〜9日(火)は鶴岡八幡宮の祭事「ぼんぼり祭り」に合わせて開館時間を午後7時30分へ延長する。8月10日(水)〜17日(水)も午後6時まで。

 同館は、2023年1月9日まで開設される。

「鎌倉殿の13人」ゆかりネタまとめページへ

開催日

2022年7月8日(金)~2023年1月9日(月)
9時30分 ~ 17時(最終入館16時30分)
8/6(土)~8/9(火) 9時30分~19時30分(19時最終入場)
8/10(水)~8/7(水) 9時30分~18時(17時30分最終入場)

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉市雪ノ下2-1-53 鶴岡八幡宮境内 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

費用

大人 1,000円(高校生以上)
小人 500円(小・中学生

問い合わせ

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-07-23

関連タグ

同じ特集の記事