<川崎市中原消防署・深野裕輔さん> 消防救助技術競う全国大会に出場【2022年8月26日】ライブ配信も

シェアする

PR・イベントは終了しました。

「目標は全国1位」と笑顔で語る深野さん

 地方大会を勝ち抜いた消防隊員が消防救助技術を競う「第50回全国大会」に中原消防署の消防士、深野裕輔さん(30)が出場する。コロナ禍で3年ぶりとなる同大会は8月26日、立川市で行われる。

「複合検索」「水中検索救助」に出場

 深野さんが出場するのは、水上の部の「複合検索」と「水中検索救助」の2種目。複合検索はマスク、スノーケル、フィンを着けて障害物をくぐりながら水中のリングを引き上げるまでの時間を競う。7月の関東大会では自己記録を出して出場者22人中で1位に輝いた。水中検索救助は4人で協力して救助者の検索と搬送を行う。各区の消防署から選抜された川崎市チームとして出場する深野さんは水中検索する第2泳者で、関東大会ではトップから1秒差の2位だった。

ユーチューブでライブ配信

 5歳で水泳を始めてジュニアオリンピックに出場し、大学時代はフィンスイミングに打ち込んだ深野さん。脚力を生かしたスタートダッシュに自信を見せる。週2回3時間のチーム練習のほか、休日は個人練習で調整して本番に臨む。深野さんは「自己記録を更新できれば全国1位になれると思う。チーム種目は丁寧な連携が勝負のポイント。応援してくれる人たちにいい報告ができるよう頑張りたい」と意気込む。大会は動画共有サイトのユーチューブでライブ配信される。

開催日

2022年8月26日(金)

住所

神奈川県川崎市中原区

公開日:2022-08-13

関連タグ