湘南台駅の地下広場にアートなシンボル誕生!「湘南台アートスクエア」

シェアする
湘南台駅の地下広場にアートなシンボル誕生!「湘南台アートスクエア」

 藤沢市の湘南台駅にある地下広場に「湘南台地下アートスクエア」が2022年3月に誕生しました。地域住民の交流スペースとなることを目指していて、その場所には巨大な壁画が展示されています。

 壁画の幅は25m。「郷土に捧げる讃歌」をテーマとした壁画は、鮮やかな赤色の上にピアノの鍵盤の上を勢いよく走り抜ける自転車や、奏でられた音をイメージした粒子が彩られており、思わず入り込みたくなってしまう風景が広がっています。

この壁画を制作したのは、湘南台在住の画家・廣田雷風さん。最初に依頼があってから完成まで約3年がかかりました。廣田さんは「私だけのエネルギーでは成しえなかった。事業に関わった多くの地域の人たちの熱い思いあってこそ」と感慨深げに語ってくれました。

 早くも名物となりつつある壁画を見に、湘南台駅へ歩いて行ってみては?

ふじさわ歩くページ

住所

神奈川県藤沢市湘南台駅

公開日:2022-09-29

関連タグ

同じ特集の記事