【連載13】ちょっと役立つ口腔と歯の話:テーマ「感染性心内膜炎」横浜市旭区・ふたまたがわ歯科口腔外科

シェアする
【連載13】ちょっと役立つ口腔と歯の話:テーマ「感染性心内膜炎」横浜市旭区・ふたまたがわ歯科口腔外科

この連載は月1回、「ふたまたがわ歯科口腔外科」の中谷逸希院長が気になるお口のあれこれについてわかりやすく解説してくれるコーナーです

 感染性心内膜炎という病気をご存知でしょうか。感染性心内膜炎とは何らかの原因で、血管内に侵入した口腔内細菌が心臓の弁に細菌塊をつくることで発症し、適切な治療を行わなければほとんどの場合は死に至るという恐ろしい病気です。

 抜歯などの口腔外科手術から一般的な歯のクリーニングまで、細菌が血管内に侵入する可能性があり出血を伴う、侵襲的な歯科治療が感染性心内膜炎を誘発します。

 感染性心内膜炎の予防には学会のガイドラインがあり、そのような歯科治療を行う際には抗菌薬の術前投与が必要です。心疾患など高リスク郡の方は自覚されていることがほとんどです。大切なことは歯科治療前に自分の身体のことや、今までの病気の既往をしっかり伝えること、かかりつけ医と、かかりつけ歯科医がしっかりと連携が取れていることです。

 口内が不潔で汚れが多い方、進行した虫歯や歯周病を放置していたりしていると、感染性心内膜炎の発症リスクが高まるということは広く知られており心臓血管外科での手術を控えている方は必ずといっていいほど歯科医院でのプロフェッショナルケアを行なってから手術を行います。

 日常的に口内の衛生を保つことは非常に大切です。歯科治療や小さな歯肉の傷から死に至るとはなかなか想像がつかないかと思いますが、こうした病気にも負けないよう定期的な予防歯科を心がけましょう。

開催日

2022年11月17日(木)~2022年12月17日(土)

住所

神奈川県横浜市旭区 二俣川駅直結コプレ二俣川7階

問い合わせ

ふたまたがわ歯科口腔外科

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-11-17

関連タグ