【2023年卯年】12年に一度の「秘仏」公開@相模原市緑区内3カ所の武相観音霊場

シェアする
【2023年卯年】12年に一度の「秘仏」公開@相模原市緑区内3カ所の武相観音霊場
各札所に配置されているパンフレット

 今年は「卯年」。武蔵国と相模国にかけて開かれた歴史ある四十八の札所・武相観音霊場、通称「卯歳観音」で今春、秘仏である観音像の公開が行われる。期間は4月1日(土)から30日(日)まで。

 江戸時代中期の1759(宝暦9)年、それぞれに信仰していた寺院が連携し、第一回目の「開扉」を実施。今回で23回目を迎える。

 開扉とは、普段は閉じている厨子の扉を特定の日に限り開き、中の秘仏をお参りすることで、武相観音霊場は12年に一度、卯年の春にだけ開かれる。

 飛鳥時代から始まり、奈良、平安と盛んになったといわれる観音信仰。観音様を祀る聖地への巡礼もこの頃から全国に広がったと伝わる。人々を救うために自らが姿を変えて現れ、念ずればあらゆる災難を除くと経典に説かれている観音様。貴重なこの機会に札所を訪れてみてはいかがだろう。区内では普門寺(中沢200)、長徳寺(大島756)、慈眼寺(城山4の367)の3カ所が霊場となっている。

開催日

2023年4月1日(土)~2023年4月30日(日)

住所

神奈川県相模原市緑区中沢200

※この地図は「普門寺」を示しています
普門寺(中沢200)
長徳寺(大島756)
慈眼寺(城山4の367)

公開日:2023-01-20

関連タグ