吉田新田で暮らす人・風景の写真展@吉野町市民プラザ

吉田新田で暮らす人・風景の写真展@吉野町市民プラザ
展示される作品。二葉町「お好み焼き八重菊」の小田絹子さん

 吉田新田の地域内で暮らしている人や風景を撮影した写真展「この顔に会える吉田新田」が11月14日から23日まで吉野町市民プラザで開かれる。

完成350周年で

 吉田新田完成350周年を記念し、横浜の後世に残したい場所を記録する活動を行う「横浜まちかど遺産探検隊」が撮影した作品が展示される。同探検隊は南区在住の作家・山崎洋子さんが隊長を務め、7人の市民が活動。吉田新田内を歩く中で見つけた店を営む人や日枝神社例大祭、歴史のある建物などを撮影した約40点が並ぶ。

 写真展は9、10月に南区役所とフォーラム南太田でも開かれており、今回が3カ所目。
 入場無料。午前9時から午後10時(14日は午後1時から、23日は午後5時まで)。詳細は同プラザ【電話】045・243・9261。

開催日

2017年11月14日(火)~2017年11月23日(木)

14日は13時から、23日は17時まで

住所

神奈川県横浜市南区吉野町5-26 吉野町市民プラザ

問い合わせ

吉野町市民プラザ

電話

045-243-9261

045-243-9261

関連記事

注目