本厚木駅南口 想いつなぐイルミ点灯

このイベントは開催・申込を終了しました

本厚木駅南口 想いつなぐイルミ点灯

 再開発が進む本厚木駅南口の商店主らと、工事事業者が一体となって、イルミでまちの活性化を――。11月11日から南口にイルミネーションが点灯し、幻想的な雰囲気に包まれています。点灯は夕方4時30分から深夜11時まで。来年2018年3月14日のホワイトデーまで行われます。

 駅南口のイルミネーションは、「南口にイルミネーションを灯そうかい!?」と題し、現・厚木みなみ商工クラブ会長の望月喜代志さんが発起人となり、2012年から市の助成も得ながら南口ゆかりの有志らでスタート。「南口を明るくしたい」という想いで続けられてきました。

 今年は同クラブ会員の安藤裕里さん(西洋懐石じょ里ぃ代表)が新たに企画を提案。駅の南口や東口には飲食・物販店ともに地元の個店が多く、ソニー(株)の通勤路やオフィスビルが多数あることから、「あつぎ大人のイルミネーション」をコンセプトに、シャンパンゴールドのLED電球を設置する準備を進めてきました。

 また、南口正面のハピネスビル付近が再開発の工事中であることから、フジタ・小島組建設共同企業体本厚木駅南口再開発作業所に協力を依頼。ビル近くにある歩道の街路樹6本のほかに、同ビルの工事仮囲い約40メートルに、高さ2メートルの「ナイヤガラ」のイルミネーションが実現しました。

 安藤さんは「南口・東口の活性化や同エリアの防犯、再開発後の街の変貌への期待感を高めたかった」と企画した目的を説明。「毎年実施エリアを変えていき、再来年には『プチ丸の内』をめざしたい」と話しました。

 「これまで続けてきた活動が若手の提案で進化し、周囲の協力も得られた。人と人のつながりは素晴らしい」と望月さん。11日午後5時の点灯時には南口に居合わせた人々もカウントダウンに参加し、点灯とともに大きな歓声が上がりました。

 本厚木駅南口再開発作業所の山本栄顕(ひであき)所長は「今回、南口イルミネーションの話を聞き、素晴らしい話だと共感し、共同企業体でぜひ協賛させて頂こうと返事をさせて頂きました。南口では今後再開発が始まり、環境整備がなされます。今後とも地域の皆様のご理解・ご協力を頂きながら工事を進めていきます」と話しました。

 再開発工事は南口の0・8haを対象に、駅前広場の拡充整備と、22階建ての再開発ビル建設を計画。現在、ビルは解体工事中で、2018年の着工を目指しています。

本厚木駅南口 想いつなぐイルミ点灯

南口にも「あゆコロちゃん」が出現

本厚木駅南口 想いつなぐイルミ点灯

美しく輝く南口イルミネーションの前で笑顔も輝いた。(左から)望月喜代志会長、フジタ・小島組建設共同企業体の山本栄顕所長、(株)小島組の栗田洋志課長、(株)弘陽電設のド バン ズンさん、安藤裕里さん。道行く人々も思わず足をとめた

【情報元】タウンニュース厚木版(2017年11月17日号)の記事

イルミネーション特集はこちら

開催日

2017年11月11日(土)~2018年3月14日(水)

住所

神奈川県厚木市本厚木駅南口

同じ特集の記事

現在、該当する投稿がありません。

人気記事

注目