【7月10日申込締切】葉山しおさい博物館で「顕微鏡の不思議な世界」観察学習会~7/20・21~

シェアする
【7月10日申込締切】葉山しおさい博物館で「顕微鏡の不思議な世界」観察学習会~7/20・21~

 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)の国際生態学センターは7月20日㈯・21日㈰、葉山しおさい博物館(葉山町一色)で、観察学習会「けんび鏡でみるふしぎな世界」を開催する。同館共催。

 野外の身近な自然要素(生物・鉱物)の観察をし、日頃意識することの少ない自然要素(花粉や砂粒の色・形など)の多様さへの新たな気づきや驚き・面白さの体験を通して、自然・生物について楽しく学ぶ。

 講師はIGES国際生態学センター主任研究員の矢ケ崎朋樹さんと、葉山しおさい博物館の倉持卓司さん。

 午前中は一色海岸で自然・生物の観察と採取を行う。午後は室内で午前中に採取した砂、プランクトン、花粉などを小型の顕微鏡を使って観察し、最後に学習のまとめを行う。

 両日とも時間は午前10時から午後3時。場所は葉山しおさい博物館、一色海岸。対象は小学生とその保護者、各15人(応募多数の場合は抽選)。

 申し込みは「国際生態学センター」検索し、申し込みフォームから。締め切りは7月10日㈬午後5時。

(問) 同センター メールjise@iges.or.jp。

開催日

2024年7月20日(土)
午前10時から午後3時

2024年7月21日(日)
午前10時から午後3時

住所

神奈川県葉山町葉山しおさい博物館

費用

無料

問い合わせ

国際生態学センター

メールアドレス

jise@iges.or.jp

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2024-07-05

関連タグ