障害のある人たちを中心とするアート集団「フェースofワンダー」の作品展示中@きらぼし銀行古淵支店(相模原市南区)

シェアする
障害のある人たちを中心とするアート集団「フェースofワンダー」の作品展示中@きらぼし銀行古淵支店(相模原市南区)

 障害のある人たちを中心とするアート集団「フェースofワンダー」の作品が現在、きらぼし銀行古淵支店(古淵2の16の3)で展示されている。

 絵画や粘土による作品など21点が飾られており、訪れる利用客の目を楽しませている=写真。7月31日(水)まで。

 フェースofワンダーは相模原を中心に絵画などの作品制作に取り組む団体。現在は障害のある人やその家族など小学生から50代まで幅広い世代の人が所属している。作品が銀行に飾られるのは今回が初めての試み。代表の金子光史さんは「作品を通して、日常のさまざまな場所で多くの人に障害を超えたアートの楽しさや豊かさを感じてもらえる第一歩になるといい。展示されることが仲間たちのやりがいにもつながるので、今後もいろいろな場所で展示したい」と話している。

 展示についての問い合わせは金子さん【携帯電話】090・7902・1193へ。

開催日

2024年7月31日(水)
まで

住所

神奈川県相模原市南区古淵2の16の3

きらぼし銀行古淵支店

問い合わせ

金子さん

電話

090-7902-1193

090-7902-1193

公開日:2024-07-11

関連タグ