小田原「ういろう本店」の外郎博物館で歌舞伎衣装展示

このイベントは開催・申込を終了しました

小田原「ういろう本店」の外郎博物館で歌舞伎衣装展示

 7月5日(火)の松竹大歌舞伎の小田原公演を記念し、歌舞伎俳優の12代目・市川團十郎さんと親交のあった「ういろう本店」(小田原市本町1の13の17)では、舞台衣装等を展示中だ。
 展示場所は本店敷地内にある外郎博物館。蔵の扉を開けると、鮮やかな水色の着物をはじめ、さまざまな小物やパネル写真が並ぶ=写真。生前、團十郎さんが着用していた衣装は、襟に残る汗じみや風合いが歴史を物語る。
 展示は公演当日の7月5日まで。店員に声をかけると案内してもらえる。午前10時〜午後5時、無料で見学可能(水・第3木曜休)。問合せは【電話】0465・24・0560。
 なお、松竹大歌舞伎は現在チケット販売中。午後1時30分開演、全席指定でS席5500円、A席4500円、大学生以下の学生は1500円(未就学児入場不可)。演目は『鳴神』、『三社祭』ほか。公演に関する問合せは小田原市文化政策課【電話】0465・33・1706(平日)または小田原市民会館【電話】0465・22・7146(火〜日)。

開催日

2016年6月27日(月)~2016年7月5日(火)

13:30 〜

住所

神奈川県小田原市本町1の13の17

関連記事

人気記事

注目